マダムシンコの店舗は、大阪の箕面に本店があり、マダムブリュレが看板商品のお店です。

大阪を中心に展開しており、東海地方、九州、関東から北にはお店がなく、マダムシンコの店舗がどこにあるのかな?実際どうなんだろうなと思い、いろいろと調べてみることにしました。

マダムシンコ 店舗は神戸にあるって聞いたけど、どうなのかな

マダムシンコ 店舗神戸にはありません。が、

神戸umieの中にあるイオンスタイルumie銘店コーナーに、マダムブリュレや塩キャラメルバウム、バウムクーヘンは、プレーンS、カットバウムアソート、サクっとバウムがあります。

おそらく冷凍か冷蔵で販売していると思います。

催事については、神戸は川西阪急店の催事場で、時々やっているみたいですが、もしアクセス的に近いなぁというのでしたら、マダムシンコの大阪梅田店の方がいいかもしれません。

催事がなければ、通販から購入するのがおすすめです。

マダムシンコ 店舗は京都にはありません

さきほど、マダムシンコの店舗は大阪にはあるとありましたが、近辺の京都はどうかというと。。。

マダムシンコ 店舗京都には、残念ながらありません。

時々、大丸や高島屋で催事をやっているようなので、マダムシンコの公式サイトの催事情報をチェックしてみてくださいね。来ない月もあるようですが、、、
マダムシンコ 催事情報

こちらも催事がなければ、通販から購入するのがおすすめですね。

マダムシンコ 店舗がない場合は、通販しかないよね

マダムシンコは、大阪を中心に展開しているお店です。

公式サイトを見てみると、店舗は大阪の箕面本店、大丸梅田店、あとはJR新大阪駅や伊丹空港、大阪国際空港などにあります。

地方では、和歌山県のイオンモールに1店出ているだけだと思います。

スーパーやデパートなどの催事場でも販売しているときがありますが、めったに来ることはありません。

マダムシンコ 店舗がない場合は、通販で購入する以外ありません。

通販は、公式オンラインショップと、楽天、Amazon、Yahooショッピングでやっています。

マダムブリュレは共通して販売していますが、季節限定のものなどは楽天などにはないので、公式サイトから購入することをオススメします。

送料は、共通して1,000円かかるので、まとめて買った方がお得です。

看板商品のマダムブリュレはもちろんのこと、棒ブリュレや新製品などが販売されています。

その中でおすすめのものは、6月22日の関西テレビ「ウラマヨ」という番組内で紹介されたMAJAM(マジャム)です。

MAJAM(マジャム)は、砂糖を使っていなくて、果物と良質のはちみつだけを使った優しい甘さのジャムです。

味はローズヒップ、ブルーベリー、イチゴとリンゴの4種類があります。

これを焼いたトーストやマダムシンコのバームクーヘンなどに塗って、食べるとおいしさがいっそうひきたつんです。ぜひ食べてみてくださいね。

それから、春・夏限定で抹茶ブリュレを販売しています。バウムクーヘンの生地に抹茶を煉りこんで焼き上げて、その中に抹茶のシロップをたっぷり染み込ませ、赤砂糖を一気にキャラメリゼしました。

抹茶の香りが高く、パリパリとしたキャラメリゼとふわふわとしたバームクーヘンが絶妙なバランスでおいしいですよ。

夏季限定商品は、甘酸っぱい甘夏がたっぷり入った甘夏ブリュレは、レモンバウムの上に、甘夏のピューレをかけて、一気にキャラメリゼしてあります。

女性にはうってつけのスイーツで、うれしい栄養素がたっぷり入っており、ビタミンC、食物繊維、クエン酸などが入っています。

そして三重県産のマイヤーレモンを使ったマイヤーレモンバウムは、マダムシンコが三重県のみえ熊野商工会とつながりがあり、マイヤーレモンの生産農家さんと契約をして、国産で安心で安全なレモンマイヤーレモン使って、バウムクーヘンの生地にレモン果汁を加えて焼き上げ、その上にマイヤーレモンを使用したアイシングで覆い、かわいく飾り付けましたものです。

酸味がまろやかでさっぱりとしているので、暑い季節には冷たくして食べて欲しいです。

そしてこちらも夏季限定の塩棒ブリュレは、宮古島産の雪塩という塩を使って作られた塩シロップをかけ、フランス産のカソナードと言われる赤砂糖を一気にかけて、キャラメリゼしました。

棒ブリュレの夏バージョンといったところです。

いつもの棒ブリュレとは違う感覚のブリュレになっていて、ちょっと甘くて少ししょっぱい味がする感じのブリュレです。

この塩棒ブリュレは、塩シロップをかけて食べます。

いつもの棒ブリュレとは、違う感覚ですよ~。

これは冷たくして食べることをおすすめしちゃいます。

それから、マダムのわらびもちが、このたび復活。

マダムシンコが創業した時、偶然マダムが出会った思い出のわらびもちと言われているもので、本わらび入りわらび粉を使用し、きなこをたっぷりとかけていただきます。

マダムがきなこにとてもこだわっていて、たっぷりかけられるように、きなこは別に添えられているんです。

冷凍してもいいし、常温でもいいし、レンジで加熱して食べてもいいので、お好みで3種類の食べ方ができて、それぞれ食感が違います。

冷凍だと、アイス感覚で食べられて、常温に戻すと、わらび餅がもちもちになって食べやすくなり、また電子レンジで30秒ぐらい加熱すると、とろ~りとした食感が楽しめるんですね。

またそれ以外にも、かりんとう半熟かすてらなどもあるので、おすすめです。

看板商品のマダムブリュレやバウムクーヘン、お菓子の詰め合わせなどもあるので、ちょとした手土産やギフトにいかがでしょうか。

店舗がなかったり、近くで催し物がないときは、ぜひ通販から購入するといいですよ。

マダムシンコ 店舗で大阪限定のものってあるの?

マダムシンコ 店舗で大阪限定のものは、ズバリあります。

特に、大阪の箕面本店でしか買えなかったり、食べられないものがあります。

まずご紹介するのが、焼きたてマダムブリュレ1,500円)

これは、通販でも販売されているマダムブリュレですが、焼きたてのブリュレを買うことができます。これは本店ならではです。

それからケーキセット(1,100円)

これは本店の店内の喫茶スペースで頂けるもので、パティシエが考えた日替わりケーキセットです。ドリンクと合わせて楽しむことができます。

デコレーションケーキも本店のみの販売です。

サイズは、4号 (2,160円)、5号( 3,030円)、6号( 3,890円)の3種類。

ケーキは、生クリームデコレーションと、チョコ生デコレーションで、お誕生日やお祝いごとには欠かせませんよね。

それと通販にもありますが、半熟カステラ(1,080円)もあります。

外はふわふわで、中はとろりとしています。マダムシンコが昔懐かしいカステラを思い出しながらパティシエと試行錯誤し、改良を重ねながら、どこか懐かしい味なんだけど、今までにない新食感のスイーツなんです。

パウンドケーキも本店のみでしかありません。

クロッカン・オ・クランツ(1,500円)とレモンパウンド(1,296円)の2種類。

クロッカン・オ・クランツは、クリームをサンドしてカリカリのナッツで覆っています。

レモンパウンドは、レモンのアイシングと卵たっぷりの生地が楽しめて、ギフトにいいです。

これも本店のみのキングコーン(1個 500円)

変わった形のシュークリームです。一見するとソフトクリームのようなシューの中には、メープル風味のとろ~りカスタードが溢れんばかりにぎっしりつまっています。

これも本店でなければ買えません。クレームブリュレ(440円)

濃厚なクリームの表面をキャラメリゼして、パリッとした食感とほろ苦さと優しい甘みがベストマッチした商品です。

そして、マダムシンコが唯一販売しているロールケーキ マダムロール(1,300円)

新鮮なたまごで焼いたふわふわの生地でフレッシュな生クリームを巻いてあります。シンプルなだけに、おいしさがダイレクトに伝わるロールケーキです。

マダムブリュレロールとは違い、ちょっと高級感を感じるスイーツです。

本店でしか買えない、食べられないスイーツがかなりありますね。

ちなみに( )内の価格は税抜の価格です。

これはなかなか他では食べられないし、買えないものもあったりするので、大阪に遊びに行ったらぜひ。

実はバウムクーヘンの切れ端が買えちゃうんです。

大阪のマダムシンコの大丸梅田店では、毎月1日限りのついたち祭りで、バウムクーヘンの切れ端を販売しています。

しかも限定400個で、価格は税込540円です。

朝、店頭に並んでいても夕方にはなくなってしまうとのことなので、買える機会があったら、ぜひゲットしてみてくださいね。