マダムシンコは、大阪箕面に本店があるマダムブリュレというスイーツが有名なお店です。

マダムシンコは、大阪のお土産で有名だと言われていますが、おすすめなものは何があるのか調べてみました。

マダムシンコ お土産で日持ちするのはバームクーヘン?

大阪のお土産はいろいろありますが、マダムシンコをおすすめします。

マダムシンコ お土産日持ちするものといえば、バターをたっぷり使っていて、保存が効いて長持ちするバームクーヘンがいいと思いますが、特に定番商品であるマダムブリュレをおすすめします。

Queen of Sweetsと言われていて、大阪が生んだオリジナリティーあふれる色、味、香りを持っているスイーツなんです。

持ち帰るのにいいお土産は、マダムブリュレをオススメします。

このマダムブリュレは、お土産やギフトでとっても重宝されている看板スイーツです。箕面本店やと大丸梅田店の2店舗と、JR新大阪駅のお土産コーナーでも人気です。昔懐かしいホットケーキをイメージし、メープルシロップたっぷりのホットケーキとバウムクーヘンを合わせたマダムブリュレは、バウムクーヘンの甘さに加えて、表面のキャラメリゼがほろ苦くて、あとを引くおいしさです。

パッケージは、ショッキングピンクの色が印象的で、 JR新大阪駅在来線の改札内にあるエキマルシェ新大阪内 アントレマルシェのマダムシンコのコーナーにあります。

マダムシンコのお店は、エキマルシェ新大阪内 アントレマルシェ、ギフトステーション、O・MIYAGE-YAの3コーナー(共にJR新大阪駅改札内)に加え、アントレマルシェ新大阪中央イースト店、アルデ新大阪 おみやげ街道といったJR新大阪駅のいたるところで買うことができます。ショッキングピンクの色が目印ですよ~。

ちなみに、価格は税込で1,620円です。

マダムブリュレは買ってからすぐに冷凍庫に入れてしっかり冷やして食べるのがおすすめで、さらに小さくカットして食べれば、アイスケーキみたいになるので、おいしいです。また、1/4サイズにして、電子レンジで20秒ほど温めると、上のキャラメリゼが溶けて、さらに食感が変わるので、おすすめです。

マダムシンコ お土産は伊丹空港でも買えるかな?

マダムシンコ お土産伊丹空港でも買えます。

伊丹空港の中央2F セキュリティチェック前に、関西旅日記という中にあって、マダムブリュレはもちろん、幸バウムクーヘンや棒ブリュレ、カットバウムアソート、フルーツバウム(いちごミルク)を買うことができます。

こちらでは、棒ブリュレもあるので、買ってみたい方はぜひ行ってみるといいですよ。

マダムシンコ お土産は通販でも買えるんです

大阪に遊びに行ったけど、マダムシンコのスイーツを買い損ねてしまった~という方へ、朗報です。

マダムシンコ お土産通販でも買えるんです。

ほとんどのものが揃ってあるので、通販で買っても大丈夫ですよ~。

公式オンラインショップ以外にも、楽天市場やAmazon、Yahooショッピングで取り扱っています。

ただ楽天やAmazon、Yahooショッピングは、扱っている商品が少ないので、公式サイトで購入することをおすすめします。

定番のマダムブリュレはもちろんありますし、伊丹空港や関西国際空港でしか扱っていない棒ブリュレもありますが、通販でしか扱っていない季節限定商品もあります。

送料がどうしても1,000円かかってしまうので、たくさん買って送ってもらった方がいいと思います。

そこで、ネット通販でしか販売されていないものがあるので、ご紹介します。

最近出たばかりの新製品で、6月22日に関西テレビで放送した「ウラマヨ」という番組で紹介されたMAJAM(マジャム)というのがあります。

MAJAM(マジャム)は、砂糖を一切使っていなくて、果物の果肉と良質の蜂蜜だけを使っていて、優しい味のジャムです。

味はローズヒップ、ブルーベリー、イチゴとリンゴもの4種類があります。

トーストしたパンやマダムシンコのバームクーヘンなどに塗って、食べるとおいしさがいっそうひきたつので、一度お試ししてみてくださいね。

抹茶ブリュレは、春と夏しか発売されない限定商品です。バウムクーヘンの生地に抹茶を煉りこんで、じっくり焼き上げ、その中に抹茶のシロップをたっぷり染み込ませ、カソナードと言われる赤砂糖を一気にかけ、キャラメリゼしました。

抹茶の香りがとても高く、キャラメリゼがパリパリとしていて、ふわふわとしたバームクーヘンが絶妙なバランスで、とてもおいしいです。

夏季限定の商品もいろいろあり、その中で甘酸っぱい甘夏がたっぷり入った甘夏ブリュレはおすすめです。レモンバウムの上に、甘夏のピューレがかかっていて、これも砂糖を一気にキャラメリゼしてあり、表面がパリパリで、中はしっとりとしています。

これはビタミンCや食物繊維、クエン酸などの栄養素がたっぷり入っていて、女性にはうれしいスイーツです。

それとマダムシンコが三重県のみえ熊野商工会とつながりがある関係で、マイヤーレモンの生産農家さんと契約をし、国産で安心で安全なマイヤーレモンをたっぷり使ったマイヤーレモンバウムは、バウムクーヘンの生地にレモン果汁を加えて焼き上げて、マイヤーレモンを使用したアイシングで覆い、かわいく仕上げて夏らしくしました。

酸味がまろやかでさっぱりとしていて、暑い季節には冷たくして食べるとおいしいです。

そして棒ブリュレの夏バージョンと言われている塩棒ブリュレの登場です。

宮古島産の雪塩という塩を使って作られた塩シロップをかけて、フランス産のカソナードと言われる赤砂糖を一気にかけ、キャラメリゼしました。もちろん表面はパリパリで、中はフワフワ。

塩シロップをかけて焼いているので、少し甘じょっぱい感じのブリュレですし、食べる時は、塩シロップをかけて食べます。

冷たくして食べると、さらに美味です。

夏季限定のみですが、マダムのわらびもちが、このたび復活。

マダムシンコが創業時に、偶然出会った思い出のわらびもちと言われており、本わらび入りわらび粉を使用し、きなこをたっぷりとかけていただきます。

マダムのこだわりで、きなこをたっぷりかけられるように、きなこは別に添えられてます。食べる時は、きなこをたっぷりかけるとおいしいですよ~。

食べ方に3種類あって、冷凍でもいいし、常温はもちろんのこと、レンジで温めて食べてみると、それぞれ食感が違います。

冷凍で食べるとまるでアイスのようで、常温に解凍すると、もっちもちになって食べやすいし、電子レンジで30秒ぐらい温めると、とろ~りとした食感になります。

冷たいスイーツ以外にも、マダムブリュレを使ったかりんとうや半熟かすてらなどもあるので、こちらもおすすめです。

市販のバームクーヘンでマダムブリュレができちゃうよ~

実はマダムブリュレって簡単にできちゃうんです。

作り方をご紹介します。

(材料)1ホール

バームクーヘン(市販)1個

砂糖 大さじ3

水 大さじ1

(作り方)

1 お皿にバームクーヘンを用意する。(加熱後すぐに塗らないとカラメルが固まってしまうので先に用意する)

2 耐熱容器に、砂糖と水を入れてレンジで1分加熱する。さらに30秒ずつ温めて、様子を見て茶色っぽくなったら、冷めないうちに急いでスプーンで表面に塗る

3 冷蔵庫に入れて、食べる前に切り分けてレンジで20秒くらい加熱すると、マダムブリュレのようになります。

食べたくなったら、一度やってみたいなと思っています。

みなさんもぜひ試してみてくださいね~☆