マダムシンコは、大阪箕面に本店があるマダムブリュレが有名なお店です。

マダムシンコのブリュレにはどんなものがあるんだろうと思い、さっそく深掘りしてみました。

マダムシンコ ブリュレには棒ブリュレというのがあるんです

マダムシンコのブリュレは、いろいろ種類があります。その中に、

マダムシンコ ブリュレには棒ブリュレというブリュレがあります。

これはマダムシンコ10周年を記念して生まれた、持ち帰りやすくして、しかも食べやすくしたスティックタイプのマダムブリュレなんです。

ホールタイプに比べると、切り分けるのが簡単だし、ちょっとした手土産やギフトとしてもおすすめです。

価格は、税込1,296円です。

メープルシロップが別に添えられているので、お好みでかけて食べてみるといいですよ。

マダムシンコブリュレ以外にこの棒ブリュレも種類があって、夏季限定のものがあって、塩 棒ブリュレもあります。

こちらは、宮古島産の雪塩を使った特製の塩シロップを加えて、棒ブリュレと同様にフランス産のカソナード(赤砂糖)を 一気にキャラメリゼしたものです。

これは塩シロップをかけて食べると美味です。

こちらも価格は、棒ブリュレと同じく税込1,296円です。

棒ブリュレは、催事などではほとんど取り扱われていないので、公式オンラインショップや楽天やAmazonなどの通販で購入することをおすすめします。

マダムシンコ ブリュレとブリュレロールって同じものなの?

マダムシンコ ブリュレブリュレロールという商品がありますが、実はどちらも違うものです。

マダムシンコのブリュレというのは、代表的なものだとマダムブリュレがありますが、バームクーヘンにメープルシロップをしみ込ませ、表面にフランス産のカソナードと言われる赤砂糖をたっぷりまぶし、一気にキャラメリゼしたものがブリュレと呼ばれているものです。

マダムシンコのマダムブリュレの他に、棒ブリュレや抹茶ブリュレなどのことを指します。

一方、ブリュレロールですが、一般的にマダムブリュレロールと言われているもので、こちらはマダムシンコの公式サイトでは扱われていませんが、これはロールケーキのことです。

マダムシンコに問い合わせてみたのですが、マダムブリュレの監修に携わっているけれども、製造・販売はしていないとのことでした。

製造や販売は、他の業者さんがやっているとのことです。

それなので、どこで販売しているのかも全くわからないとのこと。

時々スーパーの催事場で見かけることはあるのですが、ほとんど見ることがない幻のスイーツです。

もしスーパーでマダムシンコ マダムブリュレがあったら、ラッキーなのでぜひゲットしてくださいね。

マダムシンコ ブリュレとブリュレ&ミックスベリーも全然違うのかしら…

マダムシンコ ブリュレブリュレ&ミックスベリーですが、こちらも全然違うものです。

ブリュレ&ミックスベリーも、ロールケーキですが、これこそ幻のスイーツです。

どんなものかというと、しっとりしたケーキにベリーを練り込み、ブリュレでアクセントと付け、パリパリとしっとりの2つの食感が楽しめるスイーツだそうです。

2018年12月に茨城のとあるスーパーで 、ブリュレ&ミックスベリーを販売していました。

今は販売されていないようなので、見ることができません。

一体どんなスイーツなのか、気になるところです。

もし、スーパーなどで見かけたら、ぜひゲットしてくださいね。

マダムブリュレの食べ方には3種類あります

マダムシンコ ブリュレ食べ方には、3種類あって、冷凍で食べるのと、常温にして食べるのと、電子レンジで食べる3種類があります。

3種類とも、食感が違っておいしいんですよ。

冷凍で食べると、ちょっと生地がアイスっぽくっていいかな感じで、カラメル部分はカリカリでした。

常温では、やっぱりカラメルの食感と香りが一番バランス良いんじゃないかと思います。別に付いてくるメープルシロップをかけると、カラメルの量が多くなりますが、バウム自体はあっさりな感じで、あっという間に食べてしまいます。

電子レンジで温めて食べると、大体30秒ぐらい温めるといいのですが、バウムクーヘンもホカホカで、カラメルもトロトロで、この食感もいいです。

肌寒い時に食べると、ふんわりしていいと思います。

マダムシンコ ブリュレの賞味期限はどのぐらい?

マダムシンコ ブリュレ賞味期限ですが、  未開封で要冷蔵10日間です。

保存方法としては、冷蔵庫で保存しておくことをおすすめしますが、冷凍庫に入れても、食感などが変わってくるので、冷凍庫の保存でも可能です。

棒ブリュレも同様に、賞味期限が未開封で要冷蔵10日間ですが、保存方法はマダムブリュレと同じく、冷蔵庫に入れておいてもいいし、少しでも長く食べたければ、冷凍庫に入れておいてもいいと思います。

できれば早めに食べていただくのがおすすめです。