マダムシンコは、大阪を中心に店舗を展開しているマダムブリュレが看板商品のスイーツのお店です。

マダムシンコにブリュレ&ミックスベリーというスイーツがあったことがわかりました。

オンラインの通販にもなく、幻の商品のようです。

そこでマダムシンコのブリュレ&ミックスベリーのことを、ちょこっと調べてみました。

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリーと棒ブリュレは違うの?

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリー棒ブリュレは、全然違うものです。

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリーは、しっとりしたケーキにベリーを練り込み、ブリュレでアクセントと付け、パリパリとしっとりの2つの食感が楽しめるスイーツだそうです。

2018年12月に唯一、茨城にあるスーパーでブリュレ&ミックスベリーを販売していたようです。

今は販売されていないようです。

マダムシンコの棒ブリュレは、マダムブリュレと同様の看板商品です。

これは、マダムシンコ10周年を記念して作られた、持ち帰りやすく、しかも食べやすくしたスティックタイプのマダムブリュレです。

ホールタイプに比べると、切り分けるのが簡単で、ちょっとした手土産やギフトとしてもおすすめです。

メープルシロップが別に添えられているので、シロップをお好みでかけて食べてみるとおいしいです。

そして、この棒ブリュレも季節限定のものがありますが、夏季限定塩 棒ブリュレというものがあります。

これは宮古島産の雪塩を使って、特製の塩シロップを作り、棒ブリュレと同じくフランス産のカソナードと言われる赤砂糖を 一気にキャラメリゼしたんです。

これは塩シロップをかけて食べるとおいしいんですよ~。

棒ブリュレは、催事などでは売ってないことが多いので、公式オンラインショップや楽天やAmazonなどの通販で購入した方がいいと思います

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリーとマダムブリュレロールは同じなのかしら

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリーマダムブリュレロールですが、同じものではありません。

マダムシンコ ブリュレ&ミックスベリーは、しっとりしたケーキ生地にベリーを練り込み、ブリュレをして、パリパリとしっとりの2つの食感が楽しめるスイーツだそうです。

マダムブリュレと似ているのかもしれませんが、写真もなかなか見つからず、幻のスイーツと言われています。

マダムブリュレロールは、生クリームがたっぷり入ったロールケーキで、表面は砂糖でキャラメリゼされています。

生地にカラメルソースがたっぷりとしみこんでいて、おいしいらしいです。

これは公式サイトでは販売されていなくて、たまにスーパーの催事で販売されていることがあるようです。

マダムシンコはこのマダムブリュレロールの製造や販売には携わっていないので、もしスーパーなどで見たら、ぜひゲットすることをおすすめします。

マダムシンコのマダムブリュレが、実は手づくりできるんです

実はマダムシンコのマダムブリュレ、手づくりできるんですよ~。

市販のバームクーヘンでお手軽にできて、少量レシピで食べきりサイズです。

材料 (4切れ分)

バウムクーヘン4切れ

メープルシロップ大さじ2~4

グラニュー糖 適量

(作り方)

1 メープルシロップを器に入れ、バウムクーヘンを浸します。

甘めが好きな方はたっぷり、控えめが好きな方は軽く浸して下さい。

2 メープルシロップを浸した部分を上にして、グラニュー糖をややたっぷり目にかけます。

3 フライパンを熱して、グラニュー糖部分を下にして、少し焦げる1~2分焼きます。卵焼き用フライパンがサイズも良くておすすめです。

4  少し焦げ始めたら、焦がした部分にまたメープルシロップを塗り、その上にグラニュー糖もかけます。

5  もう一度フライパンで焼きます。今度は焼き色が焦げ茶ぐらいになるまで焦がして下さい。

6  焼き色が茶色くなったら火を止めお皿に移し、あら熱を取って盛り付けたら完成です。

冷めると表面がカリカリになります。

7  本家に近い甘めが好きな方は、しっかり漬けてから、繰り返しメープルとグラニュー糖をつけて焼くといいですよ。

市販のバームクーヘンを使うのでお手軽だし、おいしいです。

一度、試してみてください。