マダムシンコは大阪の箕面に本店があるマダムブリュレが定番スイーツのお店です。

大阪を中心に店舗を展開しており、関西方面では有名です。

マダムブリュレ以外にも、バウムクーヘンやギフトやおみやげ、結婚・出産祝いや、弔事・仏事や法事、快気祝いなどに使えるアソートなどの洋菓子が揃っています。

その中で隠れたスイーツとして、マダムシンコが監修しているマダムブリュレロールというものがあります。

これはよくスーパーやデパートなどの催しで買うことができるのですが、果たして通販で売ってるのかどうか気になって、ちょっと調べてみました。

マダムブリュレロールは通販にはありません

マダムブリュレロールは、残念ながら通販にはありません。

マダムシンコの公式サイトで取り扱っているのかなと見てみると、全然ロールケーキ自体、販売していないのです。

以前、マダムブリュレロールを通販で出していた会社がありましたが、今は販売していません。

時々、スーパーやデパートの催しで販売されることがあるようですが、買えたら奇跡です。

なので、マダムブリュレロールは、幻のスイーツと言われるのではないかと思われます。

マダムブリュレロール 通販とマダムシンコの通販は違います

マダムブリュレロール 通販マダムシンコの通販は違います。

マダムブリュレロールを通販で取り扱っているところを調べてみましたが、ありませんでした。

以前、ネットプライスというところで、マダムブリュレロールを販売していたようですが、今は販売していません。

マダムシンコの通販や楽天、Amazonなどの通販でも調べてみましたが、マダムブリュレロールが販売されているのかこれも調べてみましたが、ロールケーキ自体、取り扱っていません。

マダムシンコに直接問い合わせをしたら、マダムブリュレロールは監修しているが、製造・販売は別の会社に依頼しているとのことでした。

マダムブリュレロールは、表面がカリっとした中に生クリームがたっぷりつまったロールケーキなんです。

パッケージ(包装)は、おなじみのヒョウ柄でピンクの箱に入っています。

マダムブリュレをロールケーキのようにしたものじゃないかなと思われます。

これは、ある人が買ったものがブログにアップされていたので、見てみたのですが、冷凍で販売されていて、原材料は、卵や砂糖、乳に関する食品など(食用植物油脂やクリームなど)、小麦粉や乳製品(クリーム)、マーガリン、油脂加工食品、水飴やトレハロース、乳化剤、膨張剤、調味料(無機塩)、香料、カラメル色素などが使われています。

賞味期限は、製造から約2ヵ月ぐらいのようで、冷凍されて販売されているので、日持ちはすると思いますが、保存があまりきかないと思うので、早めに食べた方がいいですね。

もちろん食べる時は、解凍します。

解凍は冷蔵庫でするのが一番で、解凍時間の目安は3~5時間とあるようですが、しっかり解凍しないとあまりおいしくないようなので、目安時間より、少し長めの6~8時間ぐらいがちょうどいいみたいです。

マダムブリュレロールは、めったに販売されることがないので、スーパーなどの催しでマダムブリュレロールを見たら、即買ってくださいね。

マダムブリュレロール 通販がない時、マダムシンコ 東京で買える?

マダムブリュレロール 通販にない場合ですが、マダムシンコ 東京で買えるかというと、できません。

マダムブリュレロール 通販で扱われていることがほとんどなく、マダムシンコは東京に店舗がないので、買うことができません。

催しがあっても、販売されるのはマダムブリュレで、ロールケーキ自体の販売はありません

やはりスーパーなどの催し物などで、偶然見たら、すぐ購入するしか方法はないようです。

マダムシンコにマカロンがあるんです

これも幻のスイーツと言われています。販売すれば即完売してしまう人気商品です。

マダムシンコにマカロンがあるのです。

マダム・パリといって、3個入で1,000円、5個入は1,500円です。

パティシエが一つずつ手作りしたマダムシンコ特製のオリジナルマカロンセットです。

3個入は、いちご、マンゴー、チョコがあり、5個入は、栗、いちご、チョコ、マンゴー、抹茶などのいろいろなフレーバーで、サクサクの食感です。

これは店舗限定で、箕面本店、彩都店、大丸梅田店のショップでしか販売しません

いつ販売されるかわからないので、公式サイトをチェックしておきましょう。